ウーマン

低体温が体に悪影響を及ぼす|改善すればメリットがいっぱい

癌にも負けない体作り

足

ウォーキングが支持

体温調整機能が上手く働かない環境で活動している現代人には、低体温体質の方が増加しています。大きな筋肉を動かす機会も減り、熱を作り出す機能までが低下します。低体温では未病や癌細胞までを活発化させてしまうデメリットがあり、健康のためにも改善が必須です。例えば、外側からアプローチすることで内側にも効果が現れるのは、皮膚表面温度を高めることです。大きな筋肉を動かすことでエネルギーや熱が作られ、体温を上昇させられます。お腹・お尻・太ももなど、下半身がポイントで、ウォーキングは人気の運動です。中でも大股での早歩きは評価されたフォームで、腕も自然と大きく振れ、エネルギー消費量がアップして末端冷えまで解消されます。また、運動後には外側からのアプローチとしてマッサージやツボ押しが改善策の1つで、特に血流を促すふくらはぎに重点を置くのが効果的です。

日本人向けの食事

冷たい物を頻繁に摂る・運動が苦手・腰痛や肩こりに悩むなど、これらの状態は低体温の体質の方に見られる内容です。体温を1度上げるだけで癌リスクを下げることができるため、健康改善を図る必要があり、カギになるのは筋肉量です。例えば、アスリート選手が誕生する割合の多い欧米人の食の中心は肉類で、たんぱく質を摂取する割合が大きいのが特徴です。欧米食には筋肉のもとになるたんぱく質、さらにミトコンドリアも多く存在し、熱への変換が容易に行われています。結果、低体温に悩む割合も日本に比べ少ないため、基本的な改善には運動による筋力アップです。しかし、女性や高齢者には難色が示され、手軽さではホットスムージーが健康や美容面からも推進されています。例えば、低体温で最も悩む冬には、蜜柑の薄皮やスジにヘスペリジンが含まれ、生姜にはショウガオールが含まれ、熱を作り出してくれます。噛みながら飲むだけで、熱を生み出すヒスタミンまでが分泌されるため、ただ摂取するだけではない相乗効果として満腹感からダイエットにも期待ができます。

冷え性の女性に最適の光線

手

遠赤外線は電磁波の一種で、太陽光の中にも含まれています。紫外線などとは違って、人体に最も有効な光線なのです。身体を芯から温めるだけでなく持続性があります。冷え性の女性などは遠赤外線の毛布やコタツなどを利用すると、全身がポカポカして冷え性が解消します。

この記事を読む

若いうちから着用しよう

婦人

補正下着を購入するという場合には、実際に下着を使用したことのある人の口コミを確認することをおすすめします。実際に使用しなくては分からないことを知ることにつながります。良い意見だけではなく、厳しい意見も参考にしましょう。

この記事を読む

睡眠の質を上げる寝具を

寝室

睡眠の質を上げることは健康と美容を促進するため、毎日使用する寝具にはこだわりましょう。高反発マットレスは体への負担が軽いため、腰痛や肥満に悩んでいる方にも最適です。欧米産の高反発マットレスは品質が高く、寝心地にこだわる方におすすめします。

この記事を読む